遠山病院のご案内 | 特定医療法人 同心会 遠山病院

HOME > 遠山病院のご案内
遠山病院のご案内

理事長・院長のご挨拶

理事長ご挨拶

理事長の顔写真

遠山病院は、昭和30年に、当時の三重県立医科大学第1内科の現役教授であった遠山豪先生により、大学の分院たる資質を備えた良質で高度な医療を提供する病院をめざし、高い理想を掲げて創設されました。以来、地域に根ざした中核的病院として親しまれ、平成3年4月には、特定医療法人の承認を得て、同族経営を排したより公益性の高い病院として今日に至っています。
 内科、外科、透析からなる180床ほどの中規模病院ですが、学問的水準の高い病院を目指す事が当院の創設当初から受け継がれてきた気風であり、現在、日本本内科学会、日本消化器外科学会をはじめとして八つの学会の施設認定を受けています。
 また平成12年には、三重県下の民間病院としては、最初の日本医療機能評価機構の認定病院となり、今日まで4回の審査、更新を継続してきました。
 平成28年秋には、新館の増築と旧館のリニューアルと合わせて、大規模な整備計画が完成しました。増改築においては、救急受け入れ部門、感染外来、内科、外科の診察室を増設し、当院がこれからも地域の急性期病院としての役割を果たしていく強い意志が込められています。
 新館の玄関に入るとゆとりのあるエントランスと、左手には一度に多くの患者さんの受付が可能な広いカウンター、その背後の壁は何の造作もなく、伊勢型紙を模した深い藍色の壁紙を単純に張ったのみで、遠山病院の伝統と清潔なイメージを表現しました。エントランスの奥には開放的な通路の正面に、中庭の緑の木々と自然の光が目に入ってきます。1階は、救急受け入れ部門、感染外来、内科診察室を増設し、中庭を巡って、内科、外科外来、内視鏡室や広いパブリックスペースを配し、天窓や設計の工夫で、1階外来から3階の病棟まで自然の光があふれた快適な空間が出来上がりました。病棟では個室の割合を増やして、患者さんの要望に応えるよう努めました。

少子高齢化の時代を迎え、医療を取りまく環境も大きく変貌してきました。国の示す政策により、入院から在宅医療への方向性が明確となり、従来の急性期病院も様々な変化を迫られています。遠山病院は昭和30年の創設以来、地域の急性期病院としての役割を担ってきました。増改築の整備計画も、今急病で困っている人に救いの手を差し伸べる急性期病院としての医療を行う意思が明確に示されています。
平成31年3月からは、時代の要請に応えて地域包括ケア病棟を開設し、急性期から慢性期にいたる患者さんのバランスのよい医療を目指します。

医療資源の有効利用を図る中で、お金の計算をしながら医療を行わざるを得ないような時代にあっても、病気で苦しむ患者さんに対する、献身、奉仕、犠牲の精神、患者さんの利益を最優先する、医療人としての忘れてはならない心を大切にしたいと思います。これからも「信頼され愛される病院に」という基本理念の下、やさしさと思いやりにあふれる遠山病院の伝統を職員一丸となって実践し、地域の皆様の健康と幸せな生活にお役にたちたいと願っています。

皆様のあたたかいご指導とご支援をお願い申し上げます。

遠山病院理事長 加藤俊夫

院長ご挨拶

院長の顔写真

2020年6月1日より院長を拝命致しました西村広行と申します。よろしくお願いいたします。

「信頼され愛される病院に」遠山病院はこの基本理念の元に歩んでまいりました。2020年、創設65年目を迎えております。創設者遠山豪先生の回顧録には、当時現在の津新町駅西部は一面湿地帯で、小川には、ドジョウやザリガニが戯れ、初夏の宵には蛍が乱舞していたとあります。一本の道に埋設した太い鉄管が岩田川へと連なり、湿地帯は消失しました。昭和30年4月、この地に遠山病院は産声をあげました。
 大学教授から私設病院設立への道:当時の新聞記事には「僕らの手で理想の病院を」との見出しで、この病院作りには教授と教え子との社会愛物語が秘められていると紹介されました。年月は流れ、地域の皆様に暖かいご支援ご指導をいただき、今では「遠山さん」と親しみを込めて言っていただける病院となりました。心から感謝申し上げます。

地域の皆様が望む医療は、時代と共に変化します。私たち職員は、時代の流れを見つめ、時代の声に耳を傾ける事に力を注いできました。病は、ある日突然やって来ます。それにすばやく対応できる救急医療は、時代を超えても最も大切であると考えます。津市の二次救急医療機関として、24時間365日お役に立ちたいと努めてきました。急性期の治療が落ち着いたところで、お一人お一人のその先の生活に配慮した退院の準備、その時間と場所の提供も医療の大切な要素と考えます。患者さまを支援させていただくため、医療福祉相談室、患者支援室、病診連携室を設け、皆様に寄り添えるよう努めてきました。そして昨年、地域包括ケア病棟を整えました。ご自宅と病院の橋渡しの場として今後も体制の強化に努めてまいります。終末期を迎えてみえる患者さまが、穏やかに過ごしていただく、そのための支援も大切と考えます。緩和ケアチームを中心に今後も取り組んでいきたいと思います。現在の地域医療では、医療・介護・福祉のサービスが一体となり、地域の皆さんを支える事が求められます。今後も、行政の方々、他の医療機関の方々、介護施設の方々、そして地域住民の皆様のご協力を仰ぎながら、将来を見据えて津市の地域医療に貢献してまいります。

2020年は早春から、予想もしなかった禍に世界中が包まれました。人々の行動は様変わりし、社会の先行きは全く不透明となりました。医療界でも、にわかに遠隔診療(オンライン診療)に拍車がかかろうとしています。しかし、それは限られた場面でしか役に立ちません。目の前で倒れている方、耐え難い腹痛や胸痛を訴える方を、オンラインで救うことはできません。コロナ禍、この歴史に大きく刻まれる時節に際しても、こと医療に関し、病院のあるべき姿は変わらないと思います。それは、高い水準の医療を維持し提供する事、そして患者さんに対して、やさしさと思いやりにあふれている事と考えます。永遠に変わらぬ、病院の社会的責任の根幹であると思います。

「信頼され愛される病院に」 遠山病院はこの基本理念の元に歩んでまいりました。地盤の弱い湿地帯にできた病院ですが、今では病院としてしっかりとこの地に根を張ることができました。永きに渡るたくさんの方々のご支援、ご協力の賜物であると感謝いたします。これからも私たち遠山病院の職員は、患者さまの人権を尊重し、主人公である、お一人お一人の物語が幸せでありますように、お手伝させていただきたいと思います。そしていつまでも、「遠山さん」、と親しみを込めて言っていただけるように努力してまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

遠山病院院長 西村広行

  • 院是・基本方針および患者さまの権利
  • 概要
  • 沿革
  • 創設者
  • 病棟案内図
  • 交通のご案内