概要 | 特定医療法人 同心会 遠山病院

HOME > 遠山病院のご案内 > 概要・臨床指標
遠山病院のご案内

概要臨床指標行動計画

概要

所在地 〒514-0043
三重県津市南新町17-22
電話 059-227-6171
FAX 059-225-3967
創設日 昭和30年4月1日
創設者 遠山 豪
理事長 加藤俊夫
院長 西村広行
健診センター長 石倉紀男
診療科目など 内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、血液内科、腫瘍内科、内分泌・代謝内科、外科、消化器外科、乳腺外科、肛門外科、放射線科、神経内科、脳神経外科、人工透析、人間ドック
病床数 180床(一般病床158床、その他22床)
受付時間 内科 午前8時30分~12時
外科 午前8時30分~12時
休診日 日祝日、第1・3・5土曜日、第2・4土曜日午後
施設基準 【基本診療料】
急性期一般入院基本料Ⅰ 、 臨床研修病院入院診療加算(2協力型) 、 診療録管理体制加算2 、 医師事務作業補助体制加算2(50対1) 、 急性期看護補助体制加算 (50対1) 、 重症者等療養環境特別加算 、 無菌治療室管理加算2 、 感染防止対策加算2 、 患者サポート体制充実加算 、 医療安全対策加算2 、 医療安全対策加算地域連携加算 、 総合評価加算 、 病棟薬剤業務実施加算1 、 データ提出加算2 、 入退院支援加算1 、 入院時支援加算 、 認知症ケア加算2 、 入院食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)

【特掲診療料】
相談体制充実加算 、 糖尿病合併症管理料 、 がん性疼痛緩和指導管理料 、 がん患者指導管理料(1) 、 がん患者指導管理料(2) 、 糖尿病透析予防指導管理料 、 夜間休日救急搬送看護体制加算 、 がん治療連携指導料 、 肝炎インターフェロン治療計画料 、 薬剤管理指導料 、 医療機器安全管理料1 、 検体検査管理加算(Ⅰ) 、 検体検査管理加算(Ⅱ) 、 埋込型心電図検査 、 皮下連続式グルコース測定 、 画像診断加算2 、 CT撮影(64列以上のマルチスライスCTの機器による場合) 、 冠動脈撮影加算 、 MRI撮影(1.5テスラ以上の機器による場合) 、 外来化学療法加算1 、 無菌製剤処理料 、 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ) 、 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ) 、 運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 、 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ) 、 がん患者リハビリテーション料 、 慢性持続透析1 、 透析液水質確保加算 、 慢性持続透析濾過加算 、 導入期加算1 、 下肢末梢動脈疾患指導管理加算 、 乳がんセンチネルリンパ節加算2 、 ペースメーカー移植術、交換術 、 植込型心電図記録計移植術・摘出術 、 大動脈バルーンパンピング法(IABP法) 、 輸血管理料Ⅱ 、 輸血適正使用加算 、 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
主要診断装置 1.5テスラMRI,64列マルチスライスCT,DSA血管撮影装置,電子内視鏡,超音波内視鏡,カラードップラー超音波診断装置 (心臓,腹部,乳腺他),乳房軟線X線撮影装置,腹腔鏡,トレッドミル心電計,ホルター心電計
施設認定
厚生労働省臨床研修協力施設
日本内科学会 認定医教育関連病院
日本循環器学会 循環器専門医研修施設
日本外科学会 外科専門医関連施設
日本消化器外科学会  専門医修練施設
日本大腸肛門病学会 認定施設
日本消化器内視鏡学会 指導施設
日本糖尿病学会 認定教育施設
日本内分泌学会 認定教育施設
日本乳癌学会 専門医関連施設
日本透析医学会  教育関連施設
日本がん治療認定医機構  認定研修施設
日本静脈経腸栄養学会  NST稼動施設
日本臨床衛生検査技師会 精度保証施設
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会  ストーマ認定施設
日本医療機能評価機構 認定

臨床指標 (診療実績)

 
H29年
H30年
H31(R1)年
年間外来患者数
93,944人
94,514人
94,045人
年間入院患者数
40,714人
37,428人
39,943人
入院患者 平均在院日数
12.4日
10.8日
11.1日
救急搬送受け入れ患者数
1,228人
1,391人
1,437人
退院6週間以内の再入院率
17.6%
19.5%
17.3%
 上記のうち予期せぬ再入院率
27.4%
24.6%
26.4%
手術件数
692件
739件
845件
上部消化管内視鏡検査件数
4,339件
4,349件
4,130件
下部消化管内視鏡検査件数
3,644件
3,292件
3,683件
CT検査件数
14,836件
15,357件
16,363件
MRI検査件数
4,129件
3,869件
3,434件

行動計画

行動計画 ・次世代育成支援・女性活躍推進 行動計画
・女性の活躍状況に関する情報

▲ページトップへ